史跡案内 - History -

河原町界隈の史跡案内⑧高瀬川

木屋町二条から伏見に至る約10キロの運河をいう。方広寺の大仏を再建するための物資の輸送必要とした。角倉了以が、慶長16年(1611)大仏殿の完成報告と運河の許可を家康に願い出てから18年かかって「高瀬川」が完成する。以後、大正9年(1920)鉄道交通の発達で廃止されるまで、京都の流通経済の大動脈となった。高瀬舟は、船底が平たく船首が高い曳き舟で川幅は約8m、深さも今の倍以上あった。京の工芸品を伏見から大阪へ、逆に木材、炭、米、塩などを京に運んだ。四条から三条の高瀬川沿いにある木屋町通は、幕末には維新のドラマが展開され、歴史の舞台となった。